【元美容師が解析】2つの良成分とは?リグロ 薬用スカルプシャンプーを全力レビュー!

元美容師Mです。

比較的新しい育毛剤リグロのシャンプー『リグロ薬用スカルプシャンプー』の成分を解析&全力で評価してきたいと思います。

どうせ育毛シャンプーだから、「ただ洗浄力が強いだけだろ・・・」と思ったのですが、価格の割に意外に上質な洗浄成分が使われてる!っとついつい興奮してしまいました。笑

っというのも市販に配合されるような安っぽい成分じゃなくアミノ酸系の上質な洗浄成分で構成されているんですよ。

ただし!育毛効果についてはほぼ0に近いのと、殺菌成分の刺激がちょっと気になるかなぁというのも正直なところ。

では一体どんな成分が配合されているのか?!どのような特徴があるのか?!を解説してきます。

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!
2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!

【最重要】ロート製薬 リグロ 薬用スカルプ ノンシリコン シャンプーの洗浄成分は?

シャンプーを選ぶ際に絶対に見てほしいのが、”洗浄成分”です。

っというのもどんなに育毛成分が配合をアピールしていようが、シャンプーって水が6~7割、洗浄成分が2~3割で残りの1割程度の中に育毛成分や香料などが配合されているものが殆どなんです。

つまり!いくら育毛成分が豪華であろうと、洗浄成分がメッチャ強かったら必要以上に脱脂して刺激を与えてしまい、抜け毛の原因にもなってしまう!という事です。

油分症の人だと、とにかく油分を根こそぎ取りたい!っと思いがちです。

が、皮脂を取れば取るほど頭皮の油分分泌量が増えて、更に洗浄力を求める⇛油分量UPの悪循環に陥る可能性もありますからね(汗)

洗浄成分をチェックしてあなたにあった、洗浄成分を選ぶことが最重要なんです。

っというなが~い前置きを置いた上で、『リグロ薬用シャンプー』の全成分がコチラ↓

イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム
<その他の成分>
ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液、N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液、アルキルグリコシド、DPG、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸カリウム、濃グリセリン、ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、塩化ナトリウム、オウバクエキス、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、フェノキシエタノール、l-メントール、香料、パラベン、水酸化カリウム、海藻エキス(1)、カモミラエキス(1)、クエン酸、エデト酸塩、BG、エタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ビワ葉エキス、コンフリーエキス、無水エタノール、粘度調整剤

黄色にマーキングしている成分が、シャンプーの命とも言える洗浄成分になります。

今回の薬用シャンプーは医薬部外品のシャンプーなので、記載名も医薬部外品名になっていますのでちょっと分かりにくいですね。

これを化粧品名に変換してみると↓

ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液⇛ココイルグリシンK
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸カリウム⇛ ココイルグルタミン酸K

おおおお!っと久々に興奮してしまいました。笑

っというのもメンズのシャンプーって殆どが『ラウレス硫酸』という安価でとにかく、とにかく洗浄力が高いだけの成分が配合されている事が多いんですよ。

が!今回のリグロは弱酸性のアミノ酸系の洗浄成分しか配合されていないんです。

では成分の特徴を1つずつ解説してきますね!

成分1、ココイルグリシンK

恐らく最も配合量が多い成分がコレ。っというのもリグロのパッケージを見ると「毛穴の汚れ除去」をアピールしています。

で、2つの洗浄成分の中で結構洗浄力が高い成分がこのココイルグリシンKという成分。

アミノ酸系成分ではあるのですが、洗浄力が高くこの成分単体だと”キシミ”や”ごわつき”を感じるくらいに洗浄力は高いです。

ただ、この成分だとちょっと洗浄力が強い印象ではあるのですが、後述するアミノ酸系成分が超マイルドなので、上手くバランスはとれているように感じます。

少なくとも『ラウレス硫酸Na』のような高級アルコール系の超強成分よりは刺激性も低く良成分なのは間違いない。

成分2、ココイルグルタミン酸K

キターーー!私が最も愛している洗浄成分の1つがコレ。

アミノ酸系洗浄成分で女性向けのヘアケア用シャンプーに配合されるほどマイルドな刺激、洗浄力の超優良成分の1つです。

メンズシャンプーでも3,000円くらいのシャンプーには配合されることはあるのですが、1000円代の市販育毛シャンプーに配合されることはあんまり無い高価な成分。

成分を総合的に見ると、、、洗浄力が強めなココイルグリシンKと、かなり洗浄力がマイルドなココイルグルタミン酸Kで洗浄力のバランスをとっている感じ。

医薬部外品なのでどちらの配合量が多いのか?までは分かりませんが、育毛スカルプシャンプーなのでココイルグリシンKが多く配合され、サブ的にココイルグルタミン酸が配合されているんじゃないかなぁと。

私自身、数々の市販スカルプシャンプーを見てきましたが、洗浄成分に関しては明らかにその他のものよりも上質。

カラーやパーマをする人や乾燥肌の人にはちょっと洗浄力が強すぎる気はしますが、あなたがオイリー肌であるなら使ってみる価値はあるかと!

育毛成分はビミョー?

洗浄成分に関しては市販スカルプシャンプーの中で言えばトップクラスに素晴らしい。

ただし!育毛成分についてはちょっとビミョーな感じ。

っというのも海藻エキス、コンフリーエキス、カモミラエキスについてはどの程度育毛効果が期待できるのか?客観的なデータが見つからないんですよね(汗)
※もし、見つかったら当記事に追記したい

ただ、ビワ葉エキスに関しては、毛根のDNAダメージを抑制することで2次的に育毛効果が期待できるかも(?)というデータもあるみたい↓

ビワ葉エキスとシャクヤク根エキスにDNAダメージ抑制効果を見出しています(文献6:2013)

出典:ビワ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

ただぁし!これはあくまでも高濃度のビワ葉エキスを頭皮に塗布した結果なので、シャンプーに配合されている程度の濃度じゃあ、ここまでの効果は期待できません。

あくまでも、育毛効果がある・・・のかな?程度に考えた方が無難。

2つの有効成分とは?

成分1、イソプロピルメチルフェノール

薬用の育毛シャンプーにはコレでもか!ってほど多くのシャンプーに配合されている殺菌成分がコレ。

刺激性が低く安全性が高いのに、頭皮の雑菌を殺菌してくれる効果があるので、ニオイが気になる人やかゆみが気になる人には期待できる成分。

公的機関、自社および他社試験の結果、イソプロピルメチルフェノールの各種細菌、真菌および酵母類に対するMIC(minimum inhibitory concentration:最小発育阻止濃度)は以下の値が得られています。

微生物 MIC(ppm)
(ppm) (%)
黄色ブドウ球菌(グラム陽性球菌)
Staphylococcus aureus
150 0.015
アクネ菌(グラム陽性桿菌)
Propionibacterium acnes
100 0.010

イソプロピルメチルフェノールは、皮膚常在菌である黄色ブドウ球菌およびアクネ菌に強い抗菌活性を示した。
出典:アクネ菌増殖抑制による抗菌作用

ただ、頭皮には雑菌から守ってくれる常在菌が存在し、その常在菌も一緒に殺菌してしまうので個人的には毎日、毎日塗りたくるのは賛成とは言えません・・・

あくまでも、ニオイが気になる時やかゆみが気になる時だけ使うべき!っと強くお伝えさせて頂きたいです。

成分2、グリチルリチン酸ジカリウム

こちらも安全性が高く刺激性も低い、消炎作用がある成分でシャンプーにおいても薬用以外のシャンプーにもかなり多く配合されるので珍しさは特に無いです。

ただ、かゆみを防止するという報告もあるので、頭皮のかゆみが気になる人は使ってみるのはアリ↓

われわれは,すでに敏感肌向け化粧品に多く配合されているグリチルリチン酸ジカリウム(DPG)の有効性について検討した。DPGは,神経ペプチドであるサブスタンスPによる神経成長因子の遺伝子発現上昇を抑制したことにより,敏感肌の特徴的状態である知覚過敏反応を抑制できる可能性が示された。また,敏感肌を対象にした臨床試験では,0.2%DPG配合製剤は乳酸によって誘導されるかゆみに対する違和感に対して改善傾向が認められた。
出典:敏感肌に対するグリチルリチン酸ジカリウムの有効性

殆どの薬用シャンプーに配合されている成分なので、リグロならでは!ってわけでは無いのですが良成分ではあると思います。

【結論】市販育毛シャンプーでは上質だが・・・

今まで見てきたメンズスカルプシャンプーの中では、明らかに上質な洗浄成分が配合されかなり好印象。

市販シャンプーでもアミノ酸系成分が配合されている事はあるのですが、ラウレス硫酸がベースでちょっぴりアミノ酸系が入っているだけってものが多いんですよ。

リグロはしっかり全ての成分がアミノ酸系成分になっているので、ちょっとビビりました。笑

もし、私の家族や知人が「市販スカルプシャンプーでオススメは?」っと訪ねてきたら、リグロをオススメしますね。

ただ、殺菌成分が配合されているので刺激が0とは言えません。

あくまでも、「頭皮がかゆい」「フケが気になる」「ニオイが気になる」っと頭皮トラブルがある時期のみ使うべきかと思います。

あとは、頭皮や髪の乾燥やヘアダメージが気になる人も向いてません。いくらアミノ酸系といえどココイルグリシンKは洗浄力結構強めなので・・・

もし、あなたが『リグロ薬用スカルプシャンプー』を検討していたらぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!

【2020年】メンズ育毛系シャンプーBest5!元美容師が激選した結果がコチラ。

2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!
この記事を読んだ人はコチラも読まれています。