【元美容師が解析】育毛効果は0?プレリアップ スカルプシャンプーの成分をレビュー!

元美容師Mです。

育毛剤ブランドでかなり知名度が高い”リアップ”の『プレリアップスカルプシャンプー』の成分を解析&全力で評価していきたいと思います!

リアップブランドのシャンプーではあるものの育毛成分である”ミノキシジル”は全く配合されていません。

多少、植物性のエキスなどは配合されていますが正直、「その辺の市販スカルプシャンプーとあまり変わらない」というのが、私がシャンプーを見た印象。

洗浄成分も500円レベルで採用されるような成分ですし、なにしろ刺激が強い”殺菌成分”が配合されているのが気になりますね・・・

という事で当記事ではプレリアップシャンプーの良い面、悪い面を配合している成分から見ていきたいと思います。

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!
2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!

【最重要】プレリアップ スカルプシャンプーの全成分とは?

私が当ブログでずーーーっと伝え続けているのが、シャンプーを選ぶ際はぜったいに洗浄成分をチェックせよ!っという事です。

いくら、育毛成分、保湿成分配合!っとデカデカと書かれていても、シャンプーのメイン成分とも言える、洗浄成分が強すぎたら洗浄力の強さで効果なんて感じられません。

むしろ、洗浄力が高すぎるとムダに頭皮の油分を奪い去って、油分の分泌量が増加して逆に抜け毛の原因になる可能性すらあります。

もし、あなたがシャンプーを新しく購入検討する際は、ぜっったいに洗浄成分だけでもチェックしてみてください。

というわけで、『プレリアップ スカルプシャンプー』の全成分がコチラ↓

ピロクトンオラミン
その他の成分:BG、N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩・N,N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール共重合体/PEG混合物、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム、PG、POEラウリルエーテル、アルキルグリコシド、イラクサエキス-1、エタノール、カモミラエキス-1、クエン酸、ジグリコールエチルエーテル、ジステアリン酸グリコール、シラカバエキス、スギナエキス、セージエキス、トリイソステアリン酸POEソルビタン、ナフタレンスルホン酸ナトリウム、パラベン、フキタンポポエキス、ホホバアルコール、マロニエエキス、メリッサエキス、メントール、ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸エタノールアミド、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウレス硫酸Na、ローズマリーエキス、安息香酸Na、塩化Na、海藻エキス-1、水酸化Na、水、香料

黄色にマーキングしている成分がシャンプーの命とも言える洗浄成分。

今回のプレリアップは医薬部外品名で表記されているので、何が配合されているのかメチャ分かりづらいですね(汗)

これを化粧品表記に変換すると、こんな感じ↓

N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム⇛ココイルグルタミン酸Na
ラウリン酸アミドプロピルベタイン液⇛ラウラミドプロピルベタイン

アミノ酸系の上質な成分と市販にも多く採用されるようなベタイン系の成分が配合されています。

そして、ラウレス硫酸Na・・・私がシャンプーの洗浄成分でも最も嫌悪するとにかく、とにかく洗浄力が高い成分です。

もう、この成分が配合されたいたら排水口に流したいレベル。

では一体どんな特徴の成分なのか?1つずつ見てきましょう!

成分1、ラウレス硫酸Na

上記でも挙げた洗浄力がメチャ強い成分というのがコレ!シャンプーの洗浄成分の中でもぶっちぎりで脱脂力が強く、根こそぎ油分を脱脂する洗浄成分です。

原価が安く、泡立ちが良いので昔から安価な市販シャンプーのメイン成分に配合されている事が多い成分ですね。

本当かなぁ?っと思うかもしれませんが、500円クラスのシャンプーにもメイン成分として配合されています↓
【解析】ギャツビーパーフェクトクリアシャンプーは”値段相応”の成分でした。

今回のプレリアップも1000円ちょっとの価格設定なので、大きな声で文句は言えないですが・・・

う~ん、、、1000円クラスのシャンプーならもうちょっと上質なアミノ酸系の成分などを配合して欲しいところ。

本当に洗浄力が高く、髪がキシむので私はこの成分が配合されている時点で、選択肢に入りません。

成分2、コカミドプロピルベタイン

ラウレス硫酸系とは違い刺激性、洗浄力がマイルドなベタイン系の成分がコレ。

こちらも安価な500円程度の市販シャンプーから、3000円超えのシャンプーにまで配合される成分ですね。

ただ、洗浄力も刺激性もマイルドな性質なので、成分単体で言ったら悪い成分じゃあないです。良い!っと興奮するほどでも無いですが(汗)

成分3、ココイルグルタミン酸Na

今回のプレリアップでとにかく素晴らしい洗浄成分がコレ!!

頭皮や髪と同じ弱酸性の紛れもないアミノ酸系洗浄成分です。3000円を超えるようなヘアケアシャンプーにはメインの成分として配合される事も多いです。

市販シャンプーに配合されることも多いのですが、原価が高い成分なのでちょっぴり配合しておいて「アミノ酸”配合”シャンプー」っと宣伝しているが多いんですよね(汗)

「アミノ酸シャンプー」だとアミノ酸のみが配合しているシャンプーですが、アミノ酸系”配合”っと書かれているシャンプーは宣伝文句の為にちょっと配合しているだけのものが殆ど。

今回のプレリアップも公式サイトを見ると「アミノ酸系成分を”配合”」っと書かれていますね。

成分自体は超上質ですが、配合量はかなり少ないと思われます。

成分を総合的に見ると、、、ラウレス硫酸Naという洗浄力が激強な成分に+ベタイン系、アミノ酸でちょっと洗浄力を抑えてみたって感じか。

まあ、その辺の市販シャンプーと対して変わらない配合成分だなぁ~っというのが私の本音ですね・・・

一応、上質でマイルドなアミノ酸系成分も入ってはいますが、ラウレス硫酸があまりにも強すぎるので、脱脂力はメチャ強いと予想できます。

いくらオイリー肌の人でも、オススメ!とはちょっと言えませんね。

保湿成分&懸念すべき殺菌成分とは?

洗浄力はかなり高いと予想されますが、髪の毛の表面をコーティングして手触り感をUPするような成分は配合されているので、ある程度キシみは感じにくくなっています。

とは言っても、あくまでも表面上の手触り感をアップさせるだけなので、髪の補修ができるわけじゃないので注意。

そして、私が最も懸念する成分が”ピロクトンオラミン”という成分です。

っというのもかなり強力な殺菌成分でフケやニオイを抑えるような効果も期待はできるのですが、皮膚に元々あるバリア機能をはたす常在菌までも殺菌しちゃうんですよね(汗)

私が適当に言っていいるわけじゃなく、このように殺菌成分を使い続けると「かえって皮膚トラブルを招く」とも発表されています↓

ピロクトンオラミン等の強力な殺菌作用を示す成分も知られているが、皮膚常在菌に対する殺菌作用が無差別である点に問題がある。

中略~

幅広い種類の細菌、真菌に対して強力な増殖抑制効果が得られるとしても、その作用が様々な皮膚常在菌に対して非選択的である。

そのため、皮膚常在菌のバランスが崩れて、有害ではない細菌や真菌にまで影響を与え、結果的に却って皮膚トラブル(例えば、無害であった潜在的有害常在菌の有害化に基づく皮膚トラブル)を招来することが懸念される。
出典:身体用組成物及び抗マラセチア属菌剤

もちろん、一般的に販売されているシャンプーに配合されている成分なので、いきなりトラブルが起きるほど濃度が高くはないはず。

ただ、365日毎日毎日頭皮に殺菌成分を塗りたくるのは、、、オススメ!とは言えません。

【結論】洗浄力、刺激が強い可能性アリ!育毛効果は0か。

リアップブランドで販売されているシャンプーなので、「頭皮に優しく、育毛成分が配合されているシャンプーなのか?!」っと思いきや・・・

市販で販売されているスカルプシャンプーと大した違いはありませんでした(汗)

な~んか「リアップならでは!」っていう成分が無いんですよねぇ・・・

っと言ってもこのシャンプー自体も、1000円前後で購入できる市販シャンプーなのでそこまで文句は言えないところはあります。

ただ、とにかくとにかく洗浄力が高い洗浄成分がメインで、更に刺激性や殺菌性が高い成分が配合されているので、使い続けるのはオススメとは言えません。

脂性の人でも脱脂しまくれば、逆に頭皮の油分量が増えて悪循環に陥る可能性もありますので。どんなに脂性でもここまでの洗浄力は要らないというのが私の意見ですね。

もし、あなたが『プレリアップシャンプー』を検討しているなら参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!

【2020年】メンズ育毛系シャンプーBest5!元美容師が激選した結果がコチラ。

2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!
この記事を読んだ人はコチラも読まれています。