【成分解析】プラウドメン グルーミングシャンプーは消臭も期待大!3つの特徴成分とは?

元美容師Mです。

今回はAmazonのメンズシャンプーランキングでジワジワと人気が出てきている『プラウドメン グルーミングシャンプー』の成分を解析&本当に良シャンプーなのか?!評価してきたいと思います!

結論から先に言ってしまうと、私が今まで見てきた300種以上のシャンプーの中でも良シャンプーなのは間違いないッ!

っというのもその辺の市販シャンプーとは違って、頭皮にも髪にも優しい”ヘアケアシャンプーにも使われている”洗浄成分がしっかり配合されているんですよ。

メンズシャンプーって大抵「とにかく洗浄力強くしておけば良いだろッ!」っと言うものが多いんですがプラウドメンは違う。本当に良質な成分で作られていました。笑

どんな人向きでどんな成分が配合されているのか?!全力で解説していこうかと思います!

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!
2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!

【最重要】プラウドメン グルーミング スカルプシャンプーの洗浄成分は?

当ブログで口酸っぱくお伝えしているのが、シャンプーを購入する際はずぇっったいに「どんな洗浄成分が配合されているのか?」チェックせよ!っという事です。

シャンプーのメーカー側は「頭皮ケア成分〇〇配合!」とかその他のオマケ成分ばかりアピールして目を引こうとします。

が、シャンプーは頭皮と髪を洗浄するもの。いくらその他のオマケ成分が豪華だろうと、シャンプーのメイン成分とも言える洗浄成分がメチャ強かったり、刺激の強い成分が配合されていたら無意味。

もし、あなたが新しくシャンプーを購入する際はぜっったいに洗浄成分だけはチェックしてくださいね!

っというわkで『プラウドメン グルーミングシャンプー』の全成分がコチラァ↓

水、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、カキタンニン、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、ケイヒエキス、メントール、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、ココイルグリシンK、ラウロイルサルコシンTEA、ポリクオタニウム-107、PPG-3カプリリルエーテル、ポリクオタニウム-50、ポリクオタニウム-10、クオタニウム-33、ステアラミドエチルジエチルアミン、乳酸、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、グリセリン、BG、コカミドMEA、塩化Na、エタノール、塩化亜鉛、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、安息香酸Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

黄色にマーキングされているのが、シャンプーの性格を決めると言っても過言じゃない”洗浄成分”になります。

メンズシャンプーって「とにかく皮脂を落としまくれば良いだろ!」

みたいな安っぽくて洗浄力が高い成分が配合されている事が多いんですが、サロンシャンプーに配合されるような成分がメインになっていますね。

成分1、ココイルメチルタウリンNa

真っ先に表記されているのが、ココイルメチルタウリンという洗浄成分。成分の表記が最も早いので、この成分がこのシャンプーにおけるメイン成分というわけですね。

特徴としては、お肌に優しいアミノ酸系洗浄成分にかなり近い性質で、この成分も刺激性や洗浄力はかなり優しい成分。

女性用のヘアケアシャンプーに配合されるほど、洗浄力がマイルドなので髪のきしみが気になる!引っ掛かりが気になる!という人にベストマッチな洗浄成分ですね。

最近流行りつつあるアミノ酸系の洗浄成分よりも、やや洗浄力が高めなので「アミノ酸系成分だとべとついてしまう」というような人には最高!の成分。

ただぁし!メンズの場合は皮脂の分泌量が多い人の場合「物足りない」っと感じる可能性はありますね。

成分2、コカミドプロピルベタイン

2番目に多く配合されているのがこちらも優しい”ベタイン系”の洗浄成分。

洗浄力&刺激性が低く、安価な成分なので安価なシャンプーから高級シャンプーまで幅広く採用される成分です。

スゴイ良い!ってわけでも、珍しい成分!ってわけでも無いですが悪くない成分ですね。

この他にも『ココイルグリシンK』や『ラウロイルサルコシンTEA』等の洗浄力が高くて刺激性の低いアミノ酸系成分も配合されていますが、配合量はかなり少なめかと予想されます。

なので、やはりメンズシャンプーにしては優しいのは間違いなさそう。

成分を総合的に見ると、、、刺激性の低いココイルメチルタウリンをベースに、更に洗浄力が優しいベタイン系成分をプラスしているって感じですね。

うーむ、、、素晴らしいぃぃ・・・プラウドメンシャンプーの公式には「優しく洗い上げる」っと書かれているのですが、本当に優しく洗い上げてくれそうな成分しか配合されていませんでした。笑

ただし!!先程もお伝えしましたがあなたが「頭皮がとにかくベトつく」「痒みが気になる!」っと言った場合はちょっと洗浄力が物足りないと感じるかも(汗)

どちらかと言うと「乾燥~普通肌」くらいの人向きの洗浄成分ですね。ココさえ間違えなければ、満足度は高いかと!

3つの特徴成分の効果とは?

洗浄成分は間違いなく上質な部類。ただ、他の保湿成分なんかも中々良いんです。コレが。

では一体どんな成分が配合されているのか?!私がコレは!っと思った成分を独断と偏見で解説!解説!

成分1、カキタンニン

数年前から注目されている消臭成分で、最近の消臭系シャンプーには大抵配合されているのがコレ。

柿から抽出される成分なんで「本当に効果あるのか?!」って感じますがこのような感じで消臭効果が期待できるようなデータも出ていているんです↓

0.0001%-5%濃度のカキタンニンを用いて不飽和アルデヒドであるノネナールの消臭効果を検討したところ、以下の表のように、

カキタンニン濃度(%) ノネナール消臭率(%) 評価
0 0
0.0001 80
0.001 95
0.01 100
1 100
3 100
5 100

カキタンニンは、0.01%濃度以上で100%不飽和アルデヒドを消臭することが示された。
出典:カキタンニンとは…成分効果と毒性を解説

0.01%でもカキタンニンが配合されていると加齢臭の原因と言われる”ノネナール”を100%消臭できるとのこと。

うむむ、、、流石に消臭力凄すぎない?っと疑いたくなる気持ちもありますが、100%まではいかなくとも、ある程度の消臭効果を期待するのはアリかも。

私も家族から加齢臭がするとクレームが来るようになったらカキタンニンを頭からぶっかけたいと思う。

成分2、クオタニウム-33

リンスやコンディショナー不要のシャンプーと言われる根拠の1つがこの成分。

髪の毛の表面に元々備わっている、毛髪保護成分『18ーMEA』の代わりを果たしてくれるのがこのクオタニム-33なのです。

「難しい話はよくわからねぇ!結局どんな意味があるの?」っという人は以下の画像を見て頂きたい↓

出典:日本精化 ラノリン
※カチオンNH =クオタニウム-33

髪の毛の表面を保護することによって、手触り感やツヤ感等をアップさせてくれる効果が期待できるんですね。

髪の毛のダメージを根本的に補修するってわけじゃないのですが、きしみやツッパリ感はかなり抑えられるかと。

成分3、センブリエキス

言わずとしれた育毛成分。もう、ほぼ全ての育毛剤や育毛系シャンプーに配合されているんじゃないのか?!ってくらい配合されています。笑

血行促進することによって、毛髪に栄養が行き届きやすくなり、育毛効果が期待できる!という成分。

なのですが・・・実はある実験よると「センブリエキスを塗布しても統計的に有意差は認められなかった」という結果もでているんですよね↓

左右に同程度の男性型脱毛を有する14人の被検者(50歳以下)の右側に22.5%センブリエキス(スウェルチアマリン3~5mg/mL,オレアノール酸0.6~1.0mg/mL含有)を含むエタノール溶液を、左側にプラセボとして70%エタノール溶液を1回1mL程度1日2回4ヶ月にわたって単純塗布してもらい、シャンプーやリンスは育毛成分を含有しないものを使用した。

~~

4ヶ月後の最終日では試験剤塗布側154±76本、プラセボ側133±76本となり、試験剤塗布側でやや多い結果であったが、統計的に有意差は認められなかった。

出典:名古屋大学医学部付属病院分院皮膚科が報告しているセンブリエキス配合育毛剤の育毛作用臨床試験

22,5%もの超高濃度のセンブリエキスを4ヶ月塗布し続けても、”やや多い程度で統計的に有意差は認められなかった”っと言う残念な結果に・・・

シャンプーに配合されている濃度なんて1%以下だろうから、ほぼ意味ないかと(汗)

まあ、これはこのプラウドメンシャンプーに限らず他のシャンプーにも言えることなんですけどね。育毛効果についてはあまり期待しない方がよろしいかと。

今回紹介した成分意外にも『ポリクオタニウム-107』や『ポリクオタニウム-107』などの毛髪に皮膜を貼り、手触り感をアップさせるようなポリマー成分なども配合されています。

なので、ある程度のボリュームアップやサラサラ感は期待できるかなぁと思います。

【結論】間違いなく良シャンプー!こんな人向きです。

シャンプーのメインとも言える洗浄成分はサロンシャンプーに配合されるような上質な成分がメインになっている。

更に保湿成分なんかも「超良い!」ってほどじゃないですが、無難に手触り感アップ&消臭成分も配合されているので悪くないですね。

価格が2500円で容量が300ml。1mlあたりは8円程度と安くはないですが、この価格でこの成分だったら使ってみるのはアリ!かと。

ただし!何度も言うようにあなたが「頭皮のベタつきが気になる」「痒みが気になる!」という場合や育毛シャンプーが使ってみたい!という場合はやや物足りないかも(汗)

洗浄力が優しい成分がメイン配合されているので、「乾燥肌~普通肌」「髪のダメージが気になる人向き」のシャンプーですねこれは。

欲を言えば『ペリセア』や『キャピキシル』なんかの上質な成分が配合されていれば最強ぅぅ!っとネットの片隅で叫べるのですが・・・

流石にこの価格帯でそこまで求めるのは私がワガママなだけかもしれません。笑

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!

【2020年】メンズ育毛系シャンプーBest5!元美容師が激選した結果がコチラ。

2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!
この記事を読んだ人はコチラも読まれています。