【元美容師が解析】アリミノ メン スカルプケアシャンプーの成分は市販レベルか?

元美容師Mです。

今回は男性用のヘアワックスで有名なアリミノさんが販売している「アリミノ メン スカルプケア シャンプー」の成分を解析&本当に良シャンプーなのか?!全力で評価してきます!

サロン専売品シャンプーではあるのですが、、、中身の成分を見ると正直言って「市販レベル」と言わざるを得ないですね・・・

っというのも500円レベルのシャンプーに多く配合される、私が嫌悪している”とある成分”がメイン配合されているんです。

そして、その他の成分についても「コレは良いぞッ!」っと思える成分は特になし。

成分を見た私の感想を言うとガッカリ。しかありません・・・

では一体どんな成分が配合され、どんな人向きのシャンプーなのか?解説してきます。

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!
2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!

【最重要】アリミノ メン スカルプケア シャンプー の洗浄成分は?

サロンシャンプーだろうと、市販シャンプーだろうとぜっったいにチェックするべきなのが、どんな”洗浄成分”が配合されているのか?!という点です。

シャンプーは頭皮と髪を洗浄する洗剤。この洗剤がどんな性質なのか?頭皮に刺激がある成分なのか?洗浄力が強すぎないか?を知るのが最もシャンプーにおいて重要なんです。

メーカー側は「〇〇成分配合!」っとオマケ成分を全面に推し出しますが、成分の殆どを占める洗浄成分がメチャ強かったらなんの意味もありませんからね・・・

もし、あなたが新しいシャンプーを購入する際は全部の成分を見ろ!とは言いません。ただ、シャンプーの性格を左右する洗浄成分だけでもチェックしてみほしいです。

っというわけで『アリミノ メン スカルプケア シャンプー』全成分がコチラ↓

水、ラウレス硫酸Na、ラウレス-4カルボン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、オリーブ油PEG-7、サトウキビエキス、チャ乾留液、ガリカバラ花エキス、シクロデキストリン、デキストリン、ガゴメエキス、マヨナラ葉エキス、グリチルリチン酸2K、BG、PCAイソステアリン酸PEG-60水添ヒマシ油、PPG-7、PEG-7グリセリルココエート、ポリクオタニウム-10、メントール、EDTA-2Na、クエン酸、水酸化Na、エタノール、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

黄色にマーキングされている成分がこのシャンプーの性格を決める”洗浄成分”になります。

で、配合されている成分の内容なのですが、、、冒頭でもお伝えしたように本当に市販レベルの成分がメイン配合されていますね(汗)

一応、それだけじゃなく刺激の低い成分も+されてはいるものの、サロンシャンプーのクオリティとしては高いとは言えませぬ・・・

では配合されている成分の特徴を1つずつ解説してきますね。

成分1、ラウレス硫酸Na

最も早く記載されている成分なので、この成分がメイン成分ということになります。

ただ、、昔っから安い市販シャンプーに配合される”高級アルコール系”の洗浄成分で、シャンプーの洗浄成分の中では刺激性が強く、洗浄力もメチャ高い成分です。

「洗浄力が高いなら良いじゃんッ!」っと思うかもしれません。が、あまりにも洗浄力が高すぎると頭皮に必要の皮脂分もガッツリ落としちゃうので、逆に乾燥を招く可能性があるんです。

逆に乾燥しないケースでも、頭皮の油分が少なくなると皮脂の分泌量が増えてしまい、よりベタつきやニオイが気になるケースもあります。

もちろん、脱脂力が強いので髪はきしみやすいです(汗)

原料が安価で泡立ちが良く、表面的な満足感が高い成分なのでメーカー側は配合したがる成分なんですけどね・・・我々消費者にとっては何もメリットが無い成分です。

こういった500円前後のシャンプーのメイン成分として多く採用されている洗浄成分ですね↓
【解析】成分は価格相応…クリア フォーメン スカルプシャンプーをレビュー!

成分2、ラウレス-4カルボン酸Na

2番目に配合量が多い成分がコレ。酸性石鹸系の成分と言われ、弱酸性の性質なので頭皮にも髪にも刺激性は少ない成分です。

ただ、洗浄力はメチャ高いのでガッツリ整髪料をつける!という人や、頭皮の皮脂が多いけど刺激の少ない成分で洗いたいという人向けの成分ですね。

成分3、コカミドプロピルベタイン

上記2つ打って変わって刺激&洗浄力どっちもマイルドな成分がコレ!ベタイン系の成分。

全部のシャンプーに入っている!ってくらい殆どのシャンプーに配合されているので、珍しい成分ではないですが悪い成分ではないです。

成分を総合的に見ると、、、市販レベルの超強力な洗浄成分に、刺激は低いが洗浄力が強い酸性石鹸系を配合。更に、ベタイン系の成分で洗浄力や刺激性のバランスを取っているって感じか。

う~む。。。酸性石鹸系が配合されている分、市販シャンプーよりは本当に若干マシ。ではあるものの、『ラウレス硫酸Na』がメイン成分なのは ちょっとサロンシャンプーとしてどうなの?!って感じです(汗)

メンズ向けに洗浄力が高い成分を多く配合したいなら、酸性石鹸系の成分をメイン配合すれば良いだけですし・・・

これじゃその辺のドラッグストアに置いている1000円以下のシャンプーと大して変わらないような。

その他の成分もイマイチ・・・

私はシャンプーの解析記事を書く時は、できるだけそのシャンプーの良い成分、悪い成分を書くように意識しています。悪い成分だけ「これはダメ成分だ!」っと印象操作するのは好きじゃないので。

ただ、今回のアリミノシャンプーは本当に良い!っと思える成分が、、、無いっ!

他のサロンシャンプーだと『加水分解ケラチン』や『ヘマチン』等の補修成分や『キャピキシル』などの育毛成分が配合されていることが殆どなんですが、このアリミノシャンプーはコレと言って優れた成分が見当たりません(汗)

頑張ってひねり出した成分が以下の成分↓

1,チャ乾留液

お茶の葉を乾留して抽出された天然成分。期待できる効果としては、消臭、抗菌作用くらいか。

他のシャンプーにも多く配合される成分なので、スゴイ成分ってわけじゃありませんね。

2,ガリカバラ花エキス

バラの花弁とつぼみから抽出されるエキス。ポリフェノールを多く含むのでやはり消臭、抗菌作用が期待できる。

ただ、実際に頭皮に対してどの程度消臭作用や抗菌作用が期待できるのか?研究結果などは見つからず・・・

今の所「ないよりあったほうがマシ」程度に考えておいたほうが良さそう。

【結論】このシャンプーを選ぶ理由が見つかりませんでした。

アリミノさんのワックスなんかは私もかなり愛用していたので、シャンプーも贔屓したいところなんですが・・・

読者至上主義の当ブログで、この成分じゃあオススメ!とは到底言えません。

シャンプーのメイン成分とも言える洗浄成分は市販シャンプーと変わらないクオリティですし、その他の成分も特にサロンクオリティならではの成分はナシ。

1つくらいはオススメポイントをあなたに紹介したい所なんですが、本当に良い面がみつかりませんでした(汗)

価格については一本辺り280mlで1600円前後(Amazon調べ)とサロンシャンプーにしてはやや安めな設定。

とは言っても、肝心の中身は1000円以下の市販シャンプーと大して変わらないので、あえてこのシャンプーを選ぶ理由も無いかなと。

今は市販シャンプーのクオリティもかなり上がってきているので、高品質な市販シャンプーを使うという選択肢もアリです↓
【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!

もし、あなたが『アリミノ メン スカルプケア シャンプー』の購入を検討しているならぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです。

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!

【2020年】メンズ育毛系シャンプーBest5!元美容師が激選した結果がコチラ。

2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!
この記事を読んだ人はコチラも読まれています。