【解析】BUBKA(ブブカ)シャンプー 3つの優良成分とは?実はコスパ悪い?

元美容師Mです。

今回はあちこちで絶賛されている育毛シャンプー『BUBKAシャンプー』の成分を解析&全力で評価していきたいと思います。

あちこちのメンズ雑誌やネット上の記事で「オススメシャンプー!」っとして紹介されているので、天の邪鬼な私は「ほんとかよ~~」と疑いながら成分を見てみたのですが・・・

確かに内容成分も良いです。笑 その辺の市販シャンプー等よりは圧倒的にクオリティは高いのは間違いない。

しかし!全ての人が満足できるか?というとそういうわけでもなく・・・BUBKAシャンプーが合う人、合わない人は出てくるのが事実。

っという事でどんな成分が配合され、どんな人向きのシャンプーなのか?!全力で解説してきたいと思います。

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!
2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!

【最重要】BUBKA(ブブカ)スカルプケアシャンプーの洗浄成分は?

【最大50%OFF】BUBKAシャンプーの現在の価格、詳細はコチラ!

シャンプーでぜっったいに見るべき成分は”洗浄成分”。シャンプーの内容成分は水が6~7割り程度で洗浄成分が2,3割。

残りの1割り程度の中に保湿成分や育毛成分が配合されているって感じなんですよね。

つまり、水の次に配合量が多い洗浄成分がどんな成分なのか?!がシャンプーの性格を決める一番のポイントになるわけです。

いくら育毛成分を配合しようと、肝心の洗浄成分が刺激が強かったり、洗浄力がムダに強かったら無意味に終わりますので(汗)

もし、あなたがシャンプーを購入検討する際は最低限”洗浄成分”だけでもチェックしてみてくださいね。

っという事で『BUBKAシャンプー』の全成分がコチラ↓

水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ミリストイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、プロパンジオール、塩化Na、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルトレオニンNa、温泉水、サピンヅストリホリアツス果実エキス、エンテロコッカスフェリカス、ゼイン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、リン酸アスコルビルMg、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、セロリ種子エキス、セージ葉エキス、ヒマワリ種子油、マロニエエキス、フユボダイジュ花エキス、ローズマリー葉エキス、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)、グリチルリチン酸2K、アーチチョーク葉エキス、PCA-Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PEG-2カプリリルアミン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルアルギニンエチルPCA、カプリル酸グリセリル、DPG、イソノナン酸イソノニル、ポリクオタニウム-10、BG、ポリクオタニウム-48、エチルヘキシルグリセリン、ポリクオタニウム-47、クエン酸Na、乳酸Na、クエン酸、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、香料

黄色にマーキングされているのがシャンプーの性格を決める洗浄成分になります。

洗浄成分を見ると、確かにその辺の市販シャンプーよりかなりクオリティが高いのがひと目で分かりますね。

ただ、全部が全部高価な成分ってわけでもなく、500円レベルのシャンプーに配合される成分もメインに配合されています。

っと言っても決して悪い成分ではないですが(汗)

では一体どんな成分が配合され、どんな特徴があるのか?!1つずつチェックしていきましょう!

成分1、コカミドプロピルベタイン

一番最初に記載されている成分なので、最も配合量多いメイン成分とも言えるのがこの”ベタイン系”の洗浄成分です。

コレこそが500円シャンプーから3000円超えのシャンプーにまで幅広く配合される洗浄成分ですね。

原料が安価なので多くのシャンプーに配合されるのですが、刺激性や洗浄力はかなりマイルド。なので多くのシャンプーに配合される傾向があります。

アミノ酸系ではないし、「どのシャンプーにも配合されている!」ってくらいよく見かける成分なので珍しさは0ですが、悪くはない成分。

成分2、ラウロイルメチルアラニンNa

2番めに多く配合されているのが私の大好きなアミノ酸系の洗浄成分。こちらはまぎれもなくアミノ酸系ですね。

頭皮や髪と同じく弱酸性の性質を持っている成分で、頭皮や髪をやさ~~しく洗い上げる上質な成分。

女性用のヘアケアシャンプーなんかにはよく配合されるのですが、メンズのスカルプシャンプーに配合されるのは珍しいかも。笑

ただ、洗浄力がかなりマイルドなのでもしあなたが「頭皮のベタつきが気になる」「かゆみやニオイが気になる」っという場合はちょっと洗浄力が物足りない!っと感じる可能性はありますね。

成分3、ミリストイルメチルアラニンNa

かなりレアな成分ですが、上記とほぼ同様の優しいアミノ酸系成分。

上記以外の洗浄成分も

ココイルメチルタウリンNa⇛アミノ酸系よりやや洗浄力が高いマイルド成分
ココイルグルタミン酸TEA⇛しっとりした質感のアミノ酸系成分

っと言った感じに3000円クラスのシャンプーにメイン配合されるような、上質なアミノ酸系成分がふんだんに配合されています。

ただ、上位3つの成分よりも配合量は少ないと思われるので、上位3つの成分の特徴を押さえておけばシャンプーの性格は分かるかなぁと。

総合的に見ると、、、マイルドなベタイン系をベースに更にマイルドなアミノ酸系洗浄成分を各種ブレンドしているって感じですね。

正直、成分を見るまでは本当に良シャンプーなのか?!っと疑いまくりでしたが、本当に良シャンプーでした。笑

頭皮や髪の乾燥が気になる!という人やなるべく刺激を与えないで優しく洗いたい!という人には最適な成分かと。

ただし!逆に「アミノ酸系だとベタつく!」っという人や「オイリー肌」の人だとやや洗浄力の物足りなさを感じるかも。

もし、あなたがよりしっかりめに洗浄したいという事であれば、刺激性が低く洗浄力が高すぎないこちらの方がマッチしているかと思います↓
【成分解析】まだ買うな!ケフトルEXアミノシャンプー7つの神成分と2つの弱点とは?

3つの優良成分とは?

洗浄成分が上質なのは間違いないですが、その他の毛髪保護成分や頭皮ケア成分も上質。

少なくともその辺の市販シャンプーはかるく凌駕しています。笑

では一体どんな成分が配合されているのか?!私がコレはっ!っと思った成分を1つずつ見てきましょう!

成分1、アセチルテトラペプチド-3

キターーー!っとついつい興奮してしまった成分がコレ!

数年前から注目されている育毛成分で、リアップに配合される『ミノキシジル』の3倍もの育毛効果が期待できる!とも言われている成分なんです。

「うわっ胡散臭い!」っと聞いた時は思ったのですが、以下のようにキャピキシルを塗布したところ毛髪の成長スピードが飛躍的に伸びた!という研究結果も出ているんです↓

※グレーが何もしていないグループ、小豆色が『キャピキシル』を4ヶ月間塗布し続けたグループ
引用:Capixyl™ Anti-Aging Hair Care Complex

もちろん、シャンプーに配合されている成分と実験用の成分とじゃあ濃度が違うので、全く同じ効果が期待できるとは言えません。

ただ365日毎日頭に直接触れ続ける成分ではあるので、配合されているだけでも5年後、10年後に期待したくなりますね。笑

成分2,ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

こちらは育毛成分と言うよりも保湿成分。ヒアロベールとも呼ばれる成分ですね。

保湿成分としてかなり知名度が高い『ヒアルロン酸』より保湿力が高い!と言われ、ぬぁんと!ヒアルロン酸の290倍もの吸着力があると言われている成分なんです↓

ちろん私がテキトーに言っているわけじゃなくこのように、吸着力が高い事が証明された実験結果も発表されています↓

引用:ヒアロベール詳細

洗浄成分がマイルドな上に、保湿力が高い成分が配合されているとは・・・

もし、あなたが頭皮や髪の乾燥が気になっているなら、改善にかなり期待できる成分。

成分3、ゼイン

こちらも毛髪補修成分。かなり珍しい成分で、ヘアケアシャンプーなどにしか配合されないような成分。

毛髪の表面キューティクルを整える効果&カラーの色持ちアップが期待できる成分なんです↓


ゼイン液にて処理したダメージ毛は、ブリーチ+紫外線処理のみのコントロールに比べてキューティクルが整っており、また毛髪に乗せた水滴が弾かれている状態が観察されました。

ゼイン液はカラーリングした毛髪に処理することにより、【 色持ちをよくさせ 】、染毛直後の状態を長時間保存することが期待されます。
出典:INZEALシャンプー

カラーリングをする人はもちろん、髪のきしみが気になる人にはもってこいな良成分。

他にも『イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)』というハリコシ感をアップさせるような毛髪補修成分や『エンテロコッカスフェリカス』という乳酸菌成分も配合されています。

加水分解ケラチンについてはヘアケアシャンプーに多く配合される成分なので、信憑性はあるんですが乳酸菌については・・・本当に効果が期待できるのか?謎です(汗)

公式サイトを見ると乳酸菌成分が頭皮環境を整える的な事が記載しているんですが


BUBKAシャンプー公式サイト

乳酸菌が頭皮環境を整えてくれる的な研究結果などは見つかりませんでした(汗)

半額で買えるが意外とコスパ悪い?

BUBKAシャンプーはAmazonなどで購入すると3132円とやや高い価格でしか購入できません。

が!公式サイトで定期購入だと初回半額の980円(送料込み)で買えちゃいます。笑 これは間違いなく激安。

そして、2回め以降も20%OFFの2505円(税込み)で購入し続ける事ができるので、もしあなたがBUBKAシャンプーを検討しているなら公式サイトからの定期購入一択で間違いないです。

ただ「2505円?!安い!」っと思っちゃいそうになりますが、容量が200mlと少ない。他のシャンプーよりも圧倒的に少ない。

1ml辺りに換算すると、11円超えっ!っと私が見てきた300種以上のシャンプーの中でもかなり高価な部類に入ってくる価格。

通常価格で計算すると1ml14,5円という驚異的と言うべきレベルの価格に!

っという点を考慮しても、BUBKAシャンプーを購入するならやはり定期購入一択ですね。

【結論】間違いなく優良シャンプーだが、コスパはイマイチか。

私の性格上、雑誌や他のサイトなんかで「このシャンプーオススメ!」っと書かれていると逆にダメな点を挙げたくなりまくりますが・・・(性格悪ッ!)

今回のBUBKAシャンプーは確かに上辺だけじゃなく、内容成分もGOOD!でした。本当に良質なアミノ酸系成分が配合されているので、刺激性は低いだろうし洗浄力もマイルド。

更に保湿成分なども「本当にコレメンズ向けシャンプーなのか?!」ってほど上質。

もし、あなたが「乾燥肌~普通肌」だったり「髪のダメージが気になる」っというのであれば、満足度はかなり高いシャンプーかと。

ただし!ちょっと気になるのはやはり価格ですね(汗)定期購入なら安く購入できるとは言え、1ml辺り11円超えはちょっと高い。

せめて10円を切ってくれればコスパも良しッ!っとネットの片隅で叫べるのですが、コスパが良いとはちょっと言えないかなぁ・・・

シャンプー自体は良シャンプーなので、「別に価格は気にならんッ!」っと感じるなら使ってみるのはアリ。

もう少し安価な方が良い!っというのであれば、全てがアミノ酸系成分で作られているコチラの方がコスパは良いかと↓
【元美容師が解析】まだ買うな!新haruシャンプー8つの神成分と弱点とは?

ちょっと女性向けっぽいイメージのシャンプーではあるんですが、『キャピキシル』等も配合しているのにBUBKAシャンプーの2倍もの容量400mlなのでコスパも良いです。

もし、あなたが『BUBKAシャンプー』を検討しているなら参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m
【最大50%OFF】BUBKAシャンプーの現在の価格、詳細はコチラ!

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!

【2020年】メンズ育毛系シャンプーBest5!元美容師が激選した結果がコチラ。

2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!
この記事を読んだ人はコチラも読まれています。