【元美容師が解析】成分良しッ!コタセラシャンプーの唯一の注意点とは?

元美容師Mです。

今回はサロンシャンプーで人気のコタシリーズのスカルプシャンプー「コタセラシャンプー」の成分を解析&本当に良いシャンプーなのか?!全力で評価してきたいと思います。

結論から言ってしまうと、良シャンプー!

なのですが、コレ!っと言った特徴も無いので”中の中”くらいのクオリティかな?っというのが今まで300種以上のシャンプーを見てきた私の心からの本音です。

どんな成分が配合され、どんな人向きのシャンプーなのか?!解説してきますね。

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!
2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!

【最重要】コタセラシャンプーの洗浄成分は?

当ブログで毎回、毎回伝え続けようと思っているのが、シャンプーを選ぶ際はぜっったいに洗浄成分をチェックせよ!っという事です。

っというのもシャンプーの配合成分ってどんなシャンプーでも、水が60%~洗浄成分が20%~で10%程度の中に育毛成分や保湿成分、毛髪補修成分が配合されているって事が殆どなんです。

つまり!水は何をどう足掻こうと水でしか無いので、次点で配合量が多い洗浄成分がどのような成分が使われているのか?!をチェックする事でシャンプーの性格がチェックできるッ!というわけですね。

正直言うと、3000円を超えるようなシャンプーでも「500円の市販シャンプーと一緒じゃんッ!」

っと突っ込みたくなるような成分を配合している物もあるので、ぜっったいにシャンプーの洗浄成分だけはチェックしてくださいね。

「コタセラシャンプー」の全成分がコチラ↓

ピロクトンオラミン、精製水、ラウリミノジプロピオン酸ナトリウム液、ポリオキシエチレンラウリルエーテル酢酸ナトリウムヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、コメ発酵液、米抽出物加水分解液、シーグラスエキス、サクラ葉抽出液、グリチルリチン酸2K、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K,天然ビタミンE、サフラワー油、DPG、N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩・N、N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール共重合体/PEG混合物、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液、テトラステアリン酸ポリオキシエチレンベンタエリスリット、ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル、グリセリンモノ-2-エチルヘキシルエーテル、酒石酸、エリソルビン酸ナトリウム、ヒドロキシエタンジホスホン酸、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、フェノキシエタノール、香料

黄色にマーキングされている成分が、このシャンプーの性格を決める”洗浄成分”ですね。

ラウリルミノジプロピオン酸ナトリウム液⇛ラウリルアミノジプロピオン酸Na
ポリオキシエチレンラウリルエーテル酢酸ナトリウム⇛ラウレス-6カルボン酸Na
ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム液⇛ココイルメチルタウリンNa
ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液⇛ラウロイルメチルアラニン

今回のコタセラシャンプーは医薬部外品シャンプーなので、配合量が多い順に成分を表記する義務はありません。

が、成分表を見る感じだと恐らくではありますが、配合量の多い順に記載されている感じですね。

医薬部外品であっても、消費者に分かりやすいように配合量の多い順に記載するメーカーもあるんです。今回のコタセラも配合量の多い順に書いている感じ。

ではどんな成分が配合されているのか?!見ていきましょう!

成分1、ラウリルアミノジプロピオン酸Na

(恐らく)最初に表記されているので、最も配合量の多いコラセラのメイン成分とも言えるのがコレ!

頭皮や髪に刺激のかなり少ないアミノ酸系成分で、カラーやパーマを施術するようなダメージ毛なんかに適している優しい~洗浄成分です。

頭皮用のスカルプシャンプーって「頭皮の油分を根こそぎ奪う気か?!」ってほどメイン成分がゴリッゴリに洗浄力が強いものが使われる事が多いんです。

が!コタセラは頭皮にも髪にも優しい成分がベース成分になっていますね。GOOD!

成分2、ラウレス-6カルボン酸Na

酸性石鹸系の洗浄成分と言われ、頭皮に対する刺激は低いですが洗浄力はかなり強めなのがこの成分。

ガッチガチに整髪料を付ける人向けの成分でもあるので、この成分単体だけだと髪のパサツキや頭皮の乾燥が気になる可能性はありますね・・・

とは言え「刺激の少ない成分でしっかりめに洗いたい!」という人には優れた洗浄成分。

成分3、ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸系よりもちょっと洗浄力が高い成分がコレ。洗浄力がちょっと高いと言っても、市販シャンプーに配合されるような”高級アルコール系(ラウレス硫酸等)”よりは断然洗浄力はマイルド!

サロンシャンプーのメイン成分に配合される事もある良成分で、ダメージヘアなんかでも問題なく使えるほどマイルド。(流石にハイダメージ毛だとキツイかも・・・)

成分4、ラウロイルメチルアラニン

キターー!こちらも私が大好きなアミノ酸系洗浄成分の1つ。ココイルグルタミン酸などよりはサラサラ感重視の成分で、刺激性や洗浄力はかなりマイルド。

女性向きのヘアケアシャンプーによく配合されるような、頭皮にも髪にも優しい成分ですね。

成分を総合的に見ると、、、優しい、優しいアミノ酸系成分をベースに頭皮の汚れをしっかり目に落とせるように酸性石鹸系の成分をプラス、更にマイルドな成分を配合しているって感じ。

うん!素晴らしい!!サロンシャンプーの何恥じない、素晴らしい良質な洗浄成分しか配合されていません。笑

明らかにその辺のドラッグストアで販売しているスカルプシャンプーより、1段階2段階くらいクオリティは高いですね。間違いなく。

ただぁし!!男性向けという点を考慮すると、あなたが「頭皮の油分が多い」場合だとやや洗浄力が物足りなく感じるかも(汗)

と言っても本当に頭皮にも髪にも優しい成分しか配合されていないので、素晴らしいシャンプーなのは間違いないッ!

殺菌成分の注意点とは?

コタセラシャンプーには頭皮のニオイやかゆみ対策のため『ピロクトンオラミン』という殺菌成分が配合されているんです。

頭皮に存在するニオイやかゆみの元となる雑菌を殺菌する事で、かゆみやニオイ対策する!って感じですね。

ただ、頭皮のトラブルを抱えていない人が毎日殺菌成分を頭に塗り続けるのは逆に皮膚トラブルの原因になる可能性があるとも指摘されていたりします。

ピロクトンオラミン等の強力な殺菌作用を示す成分も知られているが、皮膚常在菌に対する殺菌作用が無差別である点に問題がある。

中略~

幅広い種類の細菌、真菌に対して強力な増殖抑制効果が得られるとしても、その作用が様々な皮膚常在菌に対して非選択的である。

そのため、皮膚常在菌のバランスが崩れて、有害ではない細菌や真菌にまで影響を与え、結果的に却って皮膚トラブル(例えば、無害であった潜在的有害常在菌の有害化に基づく皮膚トラブル)を招来することが懸念される。
出典:身体用組成物及び抗マラセチア属菌剤

頭皮の菌=悪者!=殺菌!っと考えたくなりますが、”常在菌”という頭皮を守ってくれる菌も一緒に殺菌してしまって、逆に雑菌が繁殖しやすくなってしまうとの事。

シャンプーに配合されている成分なので、一気に頭皮環境が悪くなるほど濃度が高いとは思いませんがずーーっと殺菌成分を使う続けるのはオススメとは言えないかなぁ・・・

そしてその他の成分についてもコレはッ!っと思えるような成分はあまり見かけられませんでした(汗)

『コメ発酵液』などの頭皮ケア成分や『ポリクオタニウム-22』等の髪の表面に皮膜を張って手触り感をUPさせるような成分は配合されています。

が、スゴイ!っと興奮するほどでも無く、無難に成分が配合されているな~っと言った印象。

【結論】殺菌成分は気になるが、良シャンプー!

ずーーっと使い続ける普段使いのシャンプーにするには殺菌成分が配合されている点がちょっと気になりますね。

とは言っても洗浄成分はヘアケアシャンプー並に上質なのは間違いないし、そこいらの市販シャンプーより全然クオリティが高いのは事実。

もしあなたが「頭皮がかゆい!」っと言う場合や「乾燥フケが気になる!」と言う場合は一時的に使うのはアリ!だと思います。

価格に関しては1800円前後で200mlと1mlあたり9円程なので決して安い!とは言えませんが、高ッ!っというほどでも無く絶妙な価格設定なので。笑

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!

【2020年】メンズ育毛系シャンプーBest5!元美容師が激選した結果がコチラ。

2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!
この記事を読んだ人はコチラも読まれています。