【元美容師が解析】サクセス薬用シャンプーの成分は”刺激が強すぎる”か?本音レビュー!

元美容師Mです。

男性用の化粧品ブランドとして知名度が高いサクセスシリーズの『サクセス薬用シャンプー』の成分を解析&評価してきたいと思います!

結論から言ってしまうと、このシャンプーをオススメとは良いきません。。。

っというのもシャンプーのメイン成分とも言える”洗浄成分”が激強なのと”ある殺菌成分”が刺激が強すぎるッ!っと思われるからです。

しかも、かなり刺激が強い成分のオンパレードなのに、公式では「シャンプー原液の直付け」を推奨しちゃっているし・・・

ではどんな成分が配合され、どんな特徴があるのか?!サクセス薬用シャンプーを検討している人は絶対に参考にしてほしいです。

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!
2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!

【最重要】サクセス薬用シャンプーの洗浄成分は?

サクセスシャンプーに限らず、、、ですがシャンプーを選ぶ際にぜっったいにチェックして欲しいのが、”洗浄成分”です。

どんなにパッケージに頭皮や髪を潤す!とか耳心地の良い言葉が書かれていても、パッケージの裏を見ると実はメチャ刺激が強い成分ばかりぶっこまれている事が多いです(汗)

シャンプーの成分は6~7割が水、洗浄成分は2,3割で構成されているので、最も影響力がある成分はなんと言っても洗浄成分。

もし、あなたがこのシャンプー気になる!っと思った際は「シャンプーの洗浄成分」だけでもチェックしてみてください。っと言うか絶対にチェックしてください。笑

っということで『サクセス薬用シャンプー』の全成分がコチラ!↓

ピロクトン オラミン*、水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、エタノール、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、グリセリルエチルヘキシルエーテル、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(6E.O.)、メントール、ユーカリエキス、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、無水クエン酸、BG、香料、青1

黄色にマーキングしている成分がシャンプーの命とも言える洗浄成分になります。

サクセス薬用シャンプーは医薬部外品扱いのシャンプーなので、表記名も医薬部外品名になっているので何が入っているかメチャ分かりづらいですね・・・

これを一旦、分かりやすいように化粧品名に変えるとこんな感じ↓

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム⇛ラウレス硫酸アンモニウム
ラウリン酸アミドプロピルベタイン液⇛ラウラミドプロピルベタイン
ラウリルヒドロキシスルホベタイン液⇛ラウリルヒドロキシスルタイン
アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン ⇛ココアンホ酢酸Na

化粧品名に変えると一般的な洗浄成分のみが配合されているのが分かります。

ただ、やはりというか当然というか・・・配合されている成分は市販レベル。(本当に市販なのですが)

「これが配合されていたら、絶対に使いたくないッ!」っと私が嫌悪する成分も混じっています(汗)

では一体どの成分がどのような特徴があるのか?!1つずつ解説していきますね!

成分1、ラウレス硫酸アンモニウム

まずはこの成分。最近は一般の人でも「ラウレス~と付くものはヤバイ!」っと認知されていきているのですが、その通り。

これがそのヤバイ!っと嫌悪されている成分の1つですね。

高級アルコール系の成分で洗浄力がとにかく、とにかくとにかくっ!高い!泡立ちも良いし、原価も安いのでメーカー側は配合したがる成分の1つです。

もし、あなたが脂性の頭皮だったら「洗浄力が高い方が良いじゃんッ!」ッと思うかもしれません。

が!いくら脂性でも根こそぎ油分を取ってしまうと、頭皮の油分の分泌量が更に増えてしまい、延々と洗浄力が高いものを追い求めていいく人生に突入する可能性があるんですよ・・・

いくら、頭皮の油が気になっている人でも、ここまで洗浄力が高い成分は私はオススメしませんし、私は絶対に使いたくないです。

成分2、ラウラミドプロピルベタイン

上記の成分とは打って変わってマイルドなベタイ系の成分。

高級アルコール系と違って、刺激性も洗浄力もかなりマイルドなので、上記のような高級アルコール系の洗浄力を抑えるためによく配合される成分ですね。

成分単体では悪くない成分ですが、500円程度のシャンプーから3000円超えのシャンプーにまで多く配合されるので、珍しさは特に無し。

成分3、ラウリルヒドロキシスルタイン

こちらも上記と同じマイルドで優しいベタイン系の成分。

気泡力が高いので泡立ち感をアップさせるためや洗浄力を抑えるために配合される成分。

成分4、ココアンホ酢酸Na

こちらもマイルドな洗浄力で髪やお肌にしっとり感を与える洗浄成分。

成分単体で言えば刺激性も洗浄力もかなり低くGOOD!な洗浄成分ではあります。

頭皮や髪のパサツキ、ダメージが気になる人にとってはもってこいの洗浄成分ですね。

成分を総合的に見ると、、、とにかくとにかく洗浄力が高いラウレス硫酸アンモニウムに、マイルドな洗浄成分3つを+している感じ。

医薬部外品登録のシャンプーなので、どの成分がどの程度配合量が多いのか?までは分かりませんが・・・

700円前後という価格を考慮すると恐らく、ラウレス硫酸アンモニウムがメイン成分になっているんじゃないかなぁ~と。

この成分は本当に洗浄力がメチャ高いので、いくらマイルドな成分を3つ配合してもそれでもかなり洗浄力は高いです。

いくら脂性の人でも必要以上に脱脂して、更に油分量が増える可能性があるので、私は絶対にオススメ!とは言えませんね(汗)

注意するべき殺菌成分とは?

洗浄成分がメチャ強いというだけで「止めておけぇぇ!」っと叫びたい気分になりますが、もう1つ止めておけ!と言いたい成分が『ピロクトンオラミン』という殺菌成分。

頭皮のニオイの原因菌を殺菌するために配合されていると思われるのですが、ニオイの原因菌以外の”常在菌”という頭皮トラブルを防止してくれる成分までも殺菌する可能性があるんです。

私が適当に言っているわけじゃなく、このように論文などでも「殺菌成分がかえって、皮膚トラブルを招く可能性がある」と警鐘をならしています↓

ピロクトンオラミン等の強力な殺菌作用を示す成分も知られているが、皮膚常在菌に対する殺菌作用が無差別である点に問題がある。

中略~

幅広い種類の細菌、真菌に対して強力な増殖抑制効果が得られるとしても、その作用が様々な皮膚常在菌に対して非選択的である。

そのため、皮膚常在菌のバランスが崩れて、有害ではない細菌や真菌にまで影響を与え、結果的に却って皮膚トラブル(例えば、無害であった潜在的有害常在菌の有害化に基づく皮膚トラブル)を招来することが懸念される。
出典:身体用組成物及び抗マラセチア属菌剤

常在菌がニオイの原因菌の繁殖を抑える役割があっても、ニオイ菌と常在菌もろとも抹殺してしまう可能性があるとのこと。

考えてみれば、殺菌成分が「この菌は助ける。この菌はぬっ殺す」っと選別なんかできるわけないですからね・・・

もし、あなたが頭皮のかゆみが気になる、とか頭皮のニオイが気になるっというなら一時的に使うのはアリ。

ただ、殺菌成分が配合されているシャンプーを毎日毎日頭に塗りたくるのは絶対にオススメとは言えませんね(汗)

公式的にはシャンプーの原液を直塗り推奨しているみたいですが、意味が分かりません。笑出典:サクセス薬用公式より

どうしても、使ってみたい!っというなら手にうすーく伸ばして、使ってください。それでも十分に洗浄力はありますので。

そもそも、原液を毛根に注入するのはヤバ過ぎると思うのですが・・・

【結論】価格は安いが洗浄力、刺激の強さが気になる。

価格が700円前後とかなりリーズナブルというか安いので、使ってみたくなる気持ちもあります。が!中身も相応に安っぽい成分のみで構成されている印象。

価格が安いので「コスパ悪い!」とは言いませんが、ラウレス硫酸アンモニウムという本当に昔っからある”洗浄力がメチャ強い成分”がメインなので、私は使いたくないですね。

更に、『ピロクトンオラミン』という強力な殺菌成分を毎日、毎日365日頭皮に塗り続けるのはどう考えても刺激が強すぎるかと(汗)

抜け毛が増える!とまでは言えませんが、頭皮に優しくないのは間違いないかと。

もし、あなたが『サクセス薬用シャンプー』を検討しているなら、ぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!

【2020年】メンズ育毛系シャンプーBest5!元美容師が激選した結果がコチラ。

2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!
この記事を読んだ人はコチラも読まれています。