【成分解析】黒髪効果は無しか?MARO17ブラックプラス シャンプーを評価した結果・・・

元美容師Mです。

今回はMAROシャンプーシリーズの白髪対策シャンプー『MARO17 ブラックプラス シャンプー』の成分を解析&本当に白髪改善効果は期待できるのか?!全力で評価してきたいと思います。

結論から言うと、このシャンプーだけで白髪を黒髪に戻すのは厳しい・・・っと言うかシャンプーで白髪を改善するなんてムリです(汗)

特に今回のMAROシャンプーは洗浄成分意外の配合成分は確かに豪華なんですが、肝心の洗浄成分は500円レベルのシャンプーとなんら変わらないほどショボいんです。

どんな成分が配合され、どんな特徴のシャンプーなのか?!解説してきます。

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!
2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!

【最重要】MARO17 ブラックプラス シャンプーの洗浄成分は?

シャンプーに置いて最も重要な成分は誰がなんと言おうと”洗浄成分”いくら黒髪リバース成分を配合していようが、肝心の洗浄力が強すぎれば無意味です。

シャンプーに配合される成分なんて水が60~80%、洗浄成分が20~30%。で残りの10%程度の中に白髪改善成分やら保湿成分やら香料が配合されている事が殆ど。

つまり!水はいくらコダワッても水でしか無いので、次点で配合量の多い”洗浄成分”がどのような性質なのか?!でシャンプーの性質は大きく変わってくる!という事ですね。

もし、あなたがこのシャンプー気になるッ!っと思った時はメーカー側の宣伝だけじゃなく、どんな成分が配合されているのか?!はチェクしましょう。

最悪洗浄成分だけでもチェックしておけば”大外れ”って事は避けられるはず。

という事で『MARO17 ブラックプラス シャンプー』の全成分がコチラ

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドメチルMEA、ラウラミドDEA、ラウリルベタイン、パルミトイルテトラペプチド-20、ヘマチン、モウソウチク成長点細胞溶解質、アカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド- 3、リンゴ果実培養細胞エキス、ヤナギラン花/葉/茎エキス、トリフルオロアセチルトリペプチド-2、10-ヒドロキシデカン酸、セバシン酸、1,10-デカンジオール、コラーゲン、アボカド油脂肪酸ブチル、アボカド油、オリーブ果実油、ハイブリッドサフラワー油、ホホバ種子油、月見草油、トウキ根エキス、アカヤジオウ根エキス、ヨモギ葉エキス、ナツメ果実エキス、ビワ葉エキス、ヒバマタエキス、トゲキリンサイ/ミツイシコンブ/ウスバアオノリエキス、ダイズ芽エキス、ヒオウギエキス、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸Na、ホエイ(牛乳)、加水分解ダイズタンパク、水溶性コラーゲン、PEG- 32、PEG- 6、PEG-150、BG、DPG、トウガラシ果実エキス、グルタミン酸、ポリクオタニウム-48、ポリクオタニウム-7、グリチルリチン酸2K、メントール、デキストラン、キサンタンガム、ココイルメチルタウリンNa、レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、PEG-100水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、エタノール、PG、グリセリン、クエン酸、クエン酸Na、ピロ亜硫酸Na、EDTA-2Na、シクロデキストリン、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、カラメル、塩基性黄57、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16

黄色になっているのが、シャンプーの性格を決める洗浄成分ですね。

市販で販売されるシャンプーだから、「どうせショボい成分しか配合されていないんだろうな」っと思いきや・・・

「ぬおっ!マジか!」っと私が興奮するほど豪華な成分も配合されていました。笑

ただぁし!シャンプーの命とも言える”洗浄成分”に関しては本当に500円レベル。これさえもうちょっと良い成分だったら最高!なのですが・・・

では一体どんな成分が配合され、どんな特徴があるのか?!見ていきましょう!

成分1、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

水の次に多く配合されているのが、この『オレフィンスルホン酸』という洗浄成分。私が最も嫌悪している成分の1つですね(汗)

っというのも最近は配合されなくなってきた刺激性と洗浄力の強い『ラウレス硫酸Na』っとほぼ同じような性質がある成分なんですよ。

洗浄力が高すぎると必要な皮脂まで根こそぎとってしまうので、頭皮トラブルの原因や髪のキシみ、パサツキの原因にもなったりします。

私は絶対にこの成分が配合されている時点で使いたくないですね・・・

もし、あなたが「洗浄力はちょっと強めの方が良い!」ッと言うのであれば、より刺激性の低い”酸性石鹸系”と言われる『ラウレス-4カルボン酸』等もあります。

あえて、刺激性の強いオレフィンスルホン酸やラウレス硫酸を選ぶ理由は無いです。

成分2、ラウリルベタイン

殆どのシャンプーに配合されている成分がこの”ベタイン系”の成分。

ラウレス硫酸系などと違って洗浄力や刺激性はかなりマイルドな成分ですね。ただ、私の経験で言うと、アミノ酸系の超マイルドな成分なんかよりは洗浄力は高めな印象。

500円程度から3000円超えのシャンプーに配合される汎用性の高い成分ですが、この成分自体は悪くないです。

洗浄成分を総合的に見ると、、、500円クラスの強力な洗浄成分にベタイン系でいくらか洗浄力を抑えているって感じ。

洗浄成分だけ見ると、10年以上前からある鉄板安物市販シャンプーの配合と同じですね・・・

白髪ケア成分にコストを掛けすぎて、洗浄成分は妥協してしまったのか?は分かりませんが、この洗浄成分だったらオススメとはぜっったいに言えませんね。

私がコレ!っと思った3つの成分とは?

成分1、パルミトイルテトラペプチド-2(PTP20)

まずはヤッパリこれでしょうMAROが『グレーリバース処方』っと白髪対策成分と宣伝しているのがコレです。

本当にそんな成分で白髪が改善されるのかぁ?!っと疑いまくっていましたが、一応研究によって白髪化プロセスを低減効果が明らかになっているらすぃ・・・

●白髪化プロセスにおける「PTP20」の効果/白髪化プロセスにおける阻害要因と研究について
①メラニンの酸化とメラニンの合成を阻害する過酸化水素(H₂O₂)の減少に対する効果
②皮膚、毛髪の両方においてメラニン色素形成の要素について、レギュレーターとされているメラノサイトの受容体「MC1-R」の活性化とメラニン産生の効果
③SIRT1(長寿遺伝子/サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質の酵素活性促進の効果に対する研究成果が発表されています。
出典;ブラックリバース処方の主成分臨床研究

白髪の原因となるメラニンの喪失と酸化を低減することで、白髪にアプローチするという成分みたい。

ハッキリ言ってこの手の白髪改善成分っていままでいくつも出てきていましたが、本当に効果が期待できそうなものってなかったんですよね(汗)

ただ、このPTP20を含んだ製品(シャンプー、コンディショナー、エッセンス)を3ヶ月使用し続けた試験結果によると、白髪部分の改善が見られたとの事。

試験方法:測定前に被験者の測定部位を観察し、適格性について確認を行った。
確認後、写真撮影およびマイクロスコープを用いて測定部位の観察。
評価 :皮膚科医による安全性確認(皮膚所見・問診)
毛髪診断士による白髪の状態測定観察

<女性・側頭部>
・症例写真(1)

Before(0ヶ月)
After(3ヶ月)
使用前より使用開始3ヶ月後で、側頭部生え際の白髪および白髪の根元部分全体に色の濃化が認められた。

出典:新発想!白髪ケアは「染める」から「戻す」へ「ブラックリバース処方(TM)」誕生~白髪の原因を追究し、白髪に新たなアプローチ

うう、、うーん・・・変わった?っと感じてしまったのは私だけでしょうか?

確かに3ヶ月後の方が毛が密集しているので、色が濃いようには見えますが撮影している箇所が違うだけのような・・・

肌の明るさも違いますし、beforeの方も画像左端の方は毛が密集していて濃いようにも思えます。

感じ方は人それぞれですが、私には何か変化がるようには見えませんでした(汗)

そして、注意しなければ行けないのは、この実験はあくまでもシャンプー、コンディショナー、エッセンスの3製品を使い続けての結果。

シャンプーだけじゃない!って点ですね。

成分2、ヘマチン

うおーーキター!!っと私が興奮した成分がコレ!市販のシャンプーには殆ど配合されない超優良成分!

っというのも「チミはもはや人間の髪質を改善させる為に生まれてきたのか?!」

っと言いたくなるほど、あらゆる効果が期待できると言われている成分なんです。期待される効果を挙げてみると。

・ハリ・コシ感アップ
・カラーリングの発色アップ
・カラー退色防止
・紫外線防止
・頭皮の消臭効果
・髪や頭皮に残ってしまう、カラー、パーマ剤の残留液除去
・育毛、白髪防止効果に期待

引用:http://suncall-net.co.jp/product/r21.pdf

正直言って、白髪改善や育毛効果については”無いよりはあった方がマシ”程度に考えておいた方が良いかと。

市販のシャンプーには殆ど配合されず、3000円超えのシャンプーにはたまーに配合されるのですが、まさかMAROに配合されているとは・・・

スゴイぞMARO!頑張れMARO!!

成分3、アカツメクサ花エキス(キャピキシル)

これも市販シャンプーにはあまり配合されず、高級シャンプーに多く配合される育毛成分。

リアップに配合される『ミノキシジル』の3倍もの育毛効果が期待できる!とも言われている成分だったりします。

もちろんテキトーに言っているわけじゃなく、以下のようにキャピキシルを塗布し続けたところ、13%毛髪の成長が早くなった!という研究データもあったりするんです↓

※グレーが何もしていないグループ、小豆色が『キャピキシル』を4ヶ月間塗布し続けたグループ
引用:Capixyl™ Anti-Aging Hair Care Complex

まああくまでも、実証試験なのでシャンプーに配合されているものと成分の濃度は違うでしょうが、配合されて悪くはないでしょう。

【結論】その他の成分はとにかく豪華!ただし・・・

うーむ、改めて見てもその他の成分は本当に嘘偽り無く豪華。コレでもか!ってほど豪華。市販シャンプーじゃ考えられないほど豪華。

3000円超えのシャンプーじゃないと配合されていないような、育毛、保湿成分などが本当に多く配合されビビりました。笑

恐らく、市販でここまで豪華なシャンプーは他に無いです。私が見てきた300種以上のシャンプーの中にはありませんでした。

しかし!やはり、シャンプーの生命線とも言える洗浄成分が安っぽい『オレフィンスルホン酸』がメインなのがOUT。

いくらその他の成分が豪華でもシャンプーの成分の殆どを占める、洗浄成分がショボかったら無意味に終わります・・・

メチャ強い洗剤にほんの少し、保湿成分など配合しても何か意味があるとは到底思えません(汗)

市販では豪華!とは言っても価格も2000円超えで350mlと高級シャンプーとさほど変わらない価格設定です。

これだったら、洗浄成分がマイルドでキャピキシルなども配合されているコチラの方がコスパ的に優れているような気がしますね↓
【成分解析】まだ買うな!ケフトルEXアミノシャンプー7つの神成分と2つの弱点とは?

もし、あなたが『MARO17 ブラックプラス シャンプー』を検討しているならぜひ参考の1つにして頂ければ幸いです。

300種以上のシャンプーを見てきた元美容師がオススメ!最強のメンズシャンプーはコレだッ!

【2020年】メンズ育毛系シャンプーBest5!元美容師が激選した結果がコチラ。

2500円以下で本当に良い市販シャンプーのみを集めてみました。
⇛【男性限定】本当に市販のみ!元美容師がオススメシャンプー7選を発表します!
メンズシャンプーで最も人気シリーズの違いとは?!
【全5種類】MAROシャンプーの種類と違いとは?あなたはコレを選べばOK!
この記事を読んだ人はコチラも読まれています。